2014年08月20日

「何があっても大丈夫」櫻井よしこ著


9784101272290-B-1-L.jpg

夜11時からの「きょうの出来事」という番組が好きで、毎日見ていました。櫻井よしこさんのニュースで今だに覚えているのが、9.11の報道とアフリカで行われている女性に対する残虐な慣習についての報道です。毎晩楽しみにしていた櫻井さんのお姿が見られなくなるのがとてもさびしく感じられたものです。

本屋さんで背表紙を見つけて、何があっても大丈夫という心境になりたいものだな、と思い、本を読んでみる事にしました。

この「何があっても大丈夫」という言葉は櫻井さんのお母様がおっしゃる言葉でした。櫻井さんが子供から大人になりジャーナリストとして素晴らしく成長される過程でお母様から愛情深い励ましの言葉が贈られます。この言葉はどれも神様から贈られたのかなと思う程すばらしいものばかりです。この本をお書きになることで、個人的な存在だったお母様がこの本を読まれた多数の読者の方々を励ますことになり、それもすばらしいことだと思います。

内容は、涙もろい私は何回も泣きそうになる波瀾にとんだ若き日の櫻井さんの歩みが書かれています。
はっきりとした意見、それを穏やかで冷静に述べる櫻井さんのお姿はこの経験、ひたむきな努力によって築かれてきたものなのでした。もし、人生について迷いや心配がある人がいらっしゃったら、私が一番におすすめしたい本と言えます。(M.T.)
posted by シマダデザイン工房 at 11:26| Comment(0) | おもしろかった本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: