2012年10月17日

間取りを考える(10)

隣近所への配慮

先日、近隣トラブルが殺人事件にまでこじれてしまった事件がありましたね。

お互い様、の気持ちで、相手の出す騒音等にはがまんをし、こちらの出す音などには気をつかう、ということで皆さんやっていってるのだと思います。それが、相手に文句を言い出すとお互いに意地の張り合いのようになって、エスカレートするとあのような結末になってしまうんですね。世界情勢においても同じようなことが言えるのでしょうか。

ところで、家づくりにおいての隣近所への配慮に関して。
まず、家の配置ですが、隣が境界線からだいぶ離して建てているのに、こちらは境界線ぎりぎり(50センチ以内)に建てていると文句を言われる恐れがあります。どうしても、というときはお隣の方のご承諾がいります。
相手もぎりぎりなら、同じぐらいの寸法まで建てても、お互い様、ということになるでしょうが。

それから、窓の位置関係。
窓と窓が同じ位置で目線があってしまうと、何かと問題です。
そこしか付けられない場合もありますが、その場合には目隠しルーバーを取付けましょう。
のぞいてなんかいないのに、のぞいてるかも、などと思われるのもいやですからね。

ピアノやオーディオセットなど音響機器のある部屋は防音工事を。
完全な防音までは費用的に無理でも、壁に防音シートを入れたり、なんらかの対策をして、配慮しましょう。

朝、7時半ぐらいからピアノを練習している音が聞こえてくる家がありますが、ちょっと早すぎではないかと思いますね。

私共、建築工事でも8時よりも早く機械の音を出すのはひかえています。8時でも、早すぎる、とおしかりを受けることもあります。
こちらは仕事を完成させないといけないので、死活問題的な面があるのですが。

玄関ドアが向かい合ってる、っていうのも、仲がいいときはいいけれど、少し気まずい場合は毎日顔をあわすことになりますので、となりの方がどんな方なのかわからない場合は、あまりにダイレクトに向かい合わせにならないようにした方が無難かと思います。(M.T.)



posted by シマダデザイン工房 at 16:43| Comment(0) | よりよい住まいづくりのために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: