2013年02月28日

リブセンス;上阪徹著(村上太一さんを紹介した本)

大学1年生で起業し、史上最年少25歳で株式上場させた村上太一さんについて紹介した本。


517NH04lX9L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

「幸せから生まれる幸せ」

これが経営理念。

ここから、仕事の動機が始まる。そんなに世の中うまくいかないよ、と思う人がほとんどだと思う。でも、この本の内容がフィクションでなく、ノンフィクションだということが私を勇気づける。
この世は理不尽だ。理不尽なことをがまんすることが生きていくことだと思ってきた。その理不尽なことを解決するのが、この著者の村上さんの仕事。
私は日々感じる理不尽について、村上さんに手紙を書こうと思う。それは自分で考えてください。となると思うけど、私の頭で考えるより村上さんなら現実に解決してくれるのではないか、それも驚くほど早くしてくれるのではないか?などと考えてしまう。
理不尽をずらずら並べてみよう。それをまとめて、解決する方法を自分で考えてみる。その上で、手紙を書いて・・・。(M.T.)

posted by シマダデザイン工房 at 07:04| Comment(0) | おもしろかった本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: