2014年03月17日

割烹着の研究者の方のその後

先日、このブログで割烹着の研究者の方に乾杯、という日記を書きました。
あのときは、まさか、こんな展開になるとは予想もつきませんでした。

せっかく喜んだのに。
がっくりしてしまいました。

今日1日はがんばろう、と毎日思って続けてきてやっと成果となり実を結んだ、っておっしゃってたのは何だったんですかね。
今日1日は虚構の論文を構築するといううしろめたさに耐えていこう、ということだったんかな?

それともうしろめたさなんてもともと無かったのかな?
誰かに強制されてたのでもないですよね?

でもこれから研究者として生きていけるのでしょうか?

いっそ割烹着で割烹をやったらいかがでしょうか?
美人だし、はやりそう!(M.T.)
posted by シマダデザイン工房 at 19:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: